医療機関 医療用レーサ?ー脱毛

医療機関で行なえる「医療用レーザー脱毛」について

医療機関で行なえる脱毛に医療用のレーザー脱毛があります。

 

エステの光脱毛とあまり変わらないように思うかも知れませんが、このレーザー脱毛は国が認めた機器で、しかも医師がいるところでしか行なうことができないようになっています。また、エステの光脱毛に比べると出力数が違い強力です。

 

レーザーでどのように脱毛をするのかというと、まず、レーザーの光は黒い物に反応するという性質を持った光を使用します。

 

この性質を利用し、脱毛をしたい部位に光を当てると毛根部分の黒い塊に反応し、この毛根部分の毛を作る細胞を破壊します。

 

破壊された細胞は毛を作ることが出来なくなり、結果脱毛効果が得られるということになります。エステの光脱毛もほぼ同じ原理ですが、出力が弱いため十分ではないようです。

 

この毛根部分の組織破壊が医療行為ということで医師免許が必要となり、きちんと毛根に働きかけることができる出力の機器を扱えるのが医療機関のみとなっているのです。

 

ただ、このレーザー脱毛を行なうには気をつけなければいけないことがあります。

 

黒い物に反応する性質のため、日ごろから日焼けをしていたり色黒であったりする人は毛根だけでなく皮膚にも反応し火傷をする可能性があります。

 

レーザー照射部分にホクロやなどがある場合もそうです。

 

その場合は、どのように対処をするか担当医師と相談することが必要です。

 

また、そうでもない方でも出力がもともと高いために何かしらの肌へのダメージはかかる可能性は高く、痛みや軽い火傷状態を伴うことも多いです。

 

そのため、施術後は肌のケアも注意を要します。

 

また、脱毛中はもちろん日焼けも注意が必要です。

 

様々な注意点はありますが、永久脱毛効果は高く挙式までに期間が十分ありどうしてもこの部分のムダ毛をなくしたい、この機会にきれいしたいという方は選択のひとつにしても良いかと思います。

 

医療機関での医療用レーサ?ー脱毛関連ページ

美容外科クリニックでブライダルエステを行なうメリットデメリットとは
美容外科クリニックでできるブライダルエステには、どのようなメリット・デメリットがあるのか? ご紹介いたします。
メイクのりをよくしてくれるスキントリートメント
医療機関である美容外科クリニックに「スキントリートメント」があります。 本番でのメイクのりをよくしてくれることが期待できるその理由とは?